発達障害が食事を変えることで改善できることを知った日

にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ

発達障害は食事を変えることで改善できる?

ママ友から聞かされた衝撃的な言葉

今から10年以上前のことでした。

当時小学5年生だった長男と、元夫の、ADHD・自閉症・適応障害といった症状で、私は疲弊しきっていました。

私の息子や元夫が発達障害の傾向を持っているのではないか…

ということを教えてくれたのは、当時、長男と同じクラスだった男の子のママ友さんです。
そのママ友さんは、アスペルガー(と当時は言っていましたが、今はASDですね)の傾向の強いご長男とご主人を持ち、先に病院で診断を受けて、情報を持っていたのでした。

当時は、今ほど情報がありませんでしたので、そのママ友さんから借りた本を元に自分なりになんとか調べ、なるほどそうかもしれない、あてはまることが多すぎる、と長男を児童精神科に連れて行き、いくつかの検査をして、長男の発達障害がわかりました。

わかったものの、薬が処方されただけで、今ほど様々なアプローチ方法があったわけではありません。
そして何より、そのママ友さんから、衝撃的な言葉を聞かされるのです。

「発達障害は生まれ持った障害だから治らない。だから障害という名がついているんだよ。」

と・・・。

心身の疲弊が限界だったところから…

その言葉を聞いた時のショックといったらありません。

自分の描いていた家族像が崩れ、子どもをそのように生んでしまった自分を責め、さらにはなんでこの夫と結婚してしまったのだろうと、その時だけは結婚自体を後悔もしました。

当時は元夫の作った借金問題や、元夫の家族が経営していた会社の倒産問題などに翻弄されていたので、心身ともに私もとても弱っていたのです。

産んだ直後からとても無理をしていたので、くしゃみをしただけで肋骨が折れるほど、栄養失調状態にありました。
骨粗しょう症です。

同時に、バセドウ氏病、メニエール病も患いました。
(詳細のいきさつは、よかったら文末に記事 ”Q.ダウンした時、誰がお子さんの面倒を? A.ハイ死にかけながらも私です” のリンクを貼っておきますので、ご覧ください。)

あきらめなかった結果、手に入れた1つの光

しかしながら、なんとかならないものかと、とにかくたくさんの書籍を読みあさりました。

その結果、幸い私は、医療に関係する仕事をやってきた関係で、脳と栄養素との関係に早くから思い至ったこともあり、薬ではなく、根本的に生化学の観点から心身の健康を取り戻していく治療をしているクリニックにたどりついたのです。

とても簡単に言ってしまえば、細胞レベルで、体の機能を考えるということです。

そのために必要な栄養素は何か?避けた方が良いものは何か?

カロリーベースの栄養学ではなく、体の生化学反応を正しく行うための食事と生活をするのですね。

このアドバイスに従って、食生活を改善したところ、3か月~9カ月くらいの間に、みるみる長男は変わっていったのです。

何を書いているかわからなかった文字が…

▼▼▼

きれいに読みやすい字を書けるようになり…

 

瞬時にカオスと化してしまっていた部屋が…

▼▼▼

思わず二度見したほどきれいになったり…

もちろん、理解力・記憶力なども上がっていきました

多くの人に光が届き始める

長男は、ADHDの症状がもう本当にひどかったのですが、それでもここまで改善したことで、

「障害ではなかったのだ、症状が出やすい身体的な弱さを持っていたからで、満たしてあげれば、今までできないと思っていた数々のことができるようになるんだ」

ということを知ったのです。

この頃、高校生になるお嬢様の2年に渡る不登校で悩んでいた私の友人にも、この話をしてみました。
同じようにクリニックのアドバイスに従って食生活改善をしたところ、なんとお嬢様は数カ月で学校に行けるようになり、そのまま元気に登校し続けて大学進学まで果たしたのです。

これをきっかけに私は、そのクリニックでのカウンセラーの資格を取得、その他学びを深めながらいくつかの他の資格も取得し、皆様のご相談に乗るようになりました。

私のアドバイスで改善した方の感謝のお声の多さを見ていただければ、その成果は一目瞭然だと思います。
(これも文末にリンクを貼っておくので、よかったらご覧くださいね^^)

発達障害(凸凹・学習障害)・不登校・起立性障害・うつなど子どもの悩みにはぜひ聴いてほしい

活動を始めた当時は、たとえばグルテンフリーなどの言葉はほとんど知られておらず、食事が子どもの発達障害やうつなどと関係していることは、一部の人を除いて、一般的ではありませんでした。
今でもまだまだ、伝わるには厚い壁があるように感じています。

ましてや、こういう人間がいるから困るんだ、と、薬を服用している人から批判を浴びたこともありました。

私は薬そのものを強く否定しているのではありません。
医療の仕事をしていたので、どの立場の方も、それぞれの仕事を一生懸命やる必要があってやっていることであり、社会のしくみの一部であることや、薬によって助かる命・人生もたくさんあることを知っています。

ですが、薬には副作用があります。
特に発達途中の子どもには、その影響は大きいのです。栄養には一切なりませんから、飲まないで済むのならそれに越したことはないと思いませんか。

子どもの発育を支える栄養と家庭での対策

さて、お知らせがギリギリになってしまったのですが、
6月13日(日)2021年度前期 予防医学指導士・資格取得研修会にて、
「子どもの発育を支える栄養と家庭での対策」
のセミナーを、イデア高等學院の、私 學院長小宮が行います。

栄養摂取と症状との関係について、基本的なことを少し詳しい説明なども交えてお話しします。
(前日の、合同相談会でお話する内容よりも、より食生活との関係にフォーカスしている内容になります。)

zoomでもご参加可能ですので、ぜひご参加ください。

お申し込みはこちらです。

セミナー:子どもの発育を支える栄養と家庭での対策
〔会場〕①全理連ビル(JR代々木駅徒歩1分) ②「zoom」によるオンライン参加(ご自宅)
〔日時〕6/13(日)13:00~18:00 [参加費¥10,000]
予防医学・代替医療振興会ワンデイセミナー詳細・申込



感謝のお声

24時間戦いますか?~発達障害克服までの長男育児の記録~

Q.ダウンした時、誰がお子さんの面倒を? A.ハイ死にかけながらも私です


https://idea-school.jp/wp-content/uploads/2021/06/學院長80.jpg
學院長

多くの人に情報を届けたいと思い、ランキングに参加しています。
▽クリック応援していただけたらうれしいです(^^)/
にほんブログ村 教育ブログ フリースクール・サポート校・ホームスクールへ
にほんブログ村

よかったらこっちも…

イデア高等學院 學院長小宮です。発達障害(凸凹・グレーゾーン・学習障害を含む)・不登校・起立性障害などについて、多くの相談対応実績や子どもを直接指導してきた経験を元に、この仕事のきっかけとなった、長男・長女のことなども時折織り交ぜながら、多角的に語ります。

関連記事

TOP
TOP